こうさぎ背景画像をお探しの方はこちらのページへどうぞ!!

2004年11月29日

ありがとうね…

夕方、猫たちの部屋の雨戸を閉めに行った。
何か血の臭いがする。
またチャーちゃんの爪がと思い、ケージを見た。
血が床一面に…
私は、慌ててチャーちゃんを見た。
口から出血をしている。

口の周りを綺麗にしようとしても嫌がり、貧血のためかそのまま倒れた。

パニックになった私は、キャリーやバスタオルを用意するのにかなりの時間を要した。
主人が長女のお迎えに行って帰って来たので、一緒に長男を迎えに行き、帰りに獣医さんへ。
30分ほど開院まで時間が有り、駐車場で待った。

やっと診てもらえたが、口内炎がひどく、食事がろくに出来ていなかったらしく、衰弱していると言われた。
点滴をしてもらい、口内炎の消炎作用のある注射をしてもらったら、少し落ち着いたらしく家に帰って毛布の中で寝息をたてだした。
少し安心した私は、子供達に食事をさせて、その後様子を見に行くと…

チャーちゃんは、家を建て替えた際に拾った子だ。
人懐こく優しい性格で、次々増えていく子猫の世話をちゃんとしてくれた。
姉御肌で、猫たちの争いには仲裁をし、全ての猫に愛されていた。

仲良しのはなちゃんが、チャーちゃんの最後を感じ取り「なぁー」と鳴いた。
最初は「死」の意味が解らなかった長男だが、身体をさすってあげて大泣きしていた。次女も声をあげて泣いていた。

チャーちゃん、本当に今日までありがとうね…
私たち家族に、想い出をくれて…

安らかに… それだけが、お母さんの願いです。
posted by akemi at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 我が家の猫さま達♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悲しいですね。つらいですよね・・・。
ペットの寿命は人間よりかなり短いので、いつかは別れがあることを理解していても、こればかりは・・・・・。

悲しいけど、これからはたくさんの思い出とともに、ご家族の心の中でチャーちゃんは生きていくと思います。
Posted by misako at 2004年11月30日 14:00
本当に、寿命の違いはどうしようもないですよね。
数が減っていく度に、悲しくて「2度と飼わない!」と思いながら、結局は寂しくて飼ってしまいます…

チャーちゃんが、「野良の時よりも少しでも私たち家族と一緒で良かった」と思ってくれたなら…

安らかに… 本当にそれだけが願いです。
Posted by akemi at 2004年11月30日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1149908

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。