こうさぎ背景画像をお探しの方はこちらのページへどうぞ!!

2006年11月14日

就学前健康診断

今日、長男の健康診断が小学校であった。

受付の順番を待っている時、長男が保育園のお友達とおおはしゃぎで悪い事ばかりをしている。。。
最初は長男を叱っていたのだが、周りも悪いと判断し、その場の全員を叱った。
お友達のお母様達は焦って居られたが、私は、他人の子どもでも平気で叱る。
言葉は、流石に長男より優し目を選ぶが。(笑

その後、保育園のお友達達は私が怖かったようで、注意した事を避けていたのだが、その他のお子様達が同じような事をしていた。
すると我が家の長男、またまた好奇心を押さえられず叱られる事を初めた。Σ('∀`;)

「あのさぁ、そこでくっちゃべってるお母様方、自分の子どもを叱れよ!」などと思っていた時、誰かが私の腕を掴んだ。Σ( ̄□ ̄;!!
ん?!知らない子だよ???
やんわり腕をほどいたら、次は鞄を触ってくる。
どうも、長男とは違うタイプの傷害を持った子どもらしい。

その後、お話したお母様のお子様も障害児だそうで、あやめ(障害児)学級に入るとのお話をお伺いした。
我が家の長男も、就学前相談でその学級に入るように決めたところなので、自己紹介すると「え?!」とびっくりされちゃった。(苦笑
「ぱっと見は、その他大勢の中の落ち着きの無い子ども1なんだけど、パニック起こすと手に負えなくなるのよねぇ。」な〜んて話をしながら健康診断を終えたんだけど、感じ良いお母様だったわ。

傷害を持っていても危険な事をしない良い子は、やっぱりお母様の躾が違う。
我が家の長男、いくら躾けても、駄目駄目ちゃんだと感じてしまった。
っていうか、それ自体が障害そのものなんだけど。。。(汗

ただ、障害が無くて健全なのに親が躾けていない為に多動の子どもが、一番、私の目には浮いていたのが印象的だった!
posted by akemi at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遊びに来てくださってありがとうございます。

入学前の不安定な気持ちが、少し吹っ切れたご様子で安心しております。まだまだこれから先、いろいろな事があると思うけど、こどもを思う親の気持ちって本当に変らない(障害があろうとなかろうと)ものです。

長男君にakemiさんに、エールを送ります。
次男君も頑張れ〜〜〜!!
Posted by みかん at 2006年11月25日 05:43
ありがとうございます。
就学前から、障害児学級のお友達が出来てほっとしている私です。

長男には、「2つも過ごせる学級があって、良いね〜♪」と教えようと思います。
学校の先生方のお話では、やはり「障害児学級の子ども」だと言うだけで偏見の目で見る保護者が多いらしいので。。。(^^;

学校の先生方は、「障害児学級の子どもなのに、なんで勉強が良く出来るの?!」と他の保護者にびっくりさせて、障害児の偏見を無くしたいようです。
確かに、我が家の長男のような高機能障害の子どもは、得意分野だと以上に出来るようですから、“障害”に対する偏見を無くす良い例かも知れません。

親子共々、長男の得意分野を伸ばせるよう、学校生活が楽しく過ごせるよう、ノビノビと歩んで生きたいと願っております。
Posted by akemi at 2006年11月25日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。