こうさぎ背景画像をお探しの方はこちらのページへどうぞ!!

2005年10月11日

人間の優しさと残酷さ

今年は終戦60年なので、その内容にちなんだドラマが多い。

今日は、反町君(友人ではありませぬが。。。)のドラマを見ている。
このダイジェストを夕方しており、既に泣きモードに入っていた私。
確かに、人より涙もろいのだけれど。。。

戦争は、人を変えてしまう。(気がする。。。
戦争は、自分勝手な人間のすることだ!(と思う。。。
戦争は。。。
その戦火の中、人は他人を守る為に優しさを、自分を守る為に残酷さを表に出してきたのだろう。

以前、長女と「コルチャック先生」というミュージカルを観に行った。
その時も、戦争に対する理不尽さに、幸せな時代に生まれた自分を考えて涙したのだけれど。。。

私自身も、優しさや残酷さを持ち合わせている。
でも、出来る限り、優しい人間として生きていきたいと望んでいる。
posted by akemi at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | akemiの気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。